お金が無い

給料日前や支払日前でお金が無いときは借ります。

給料日前のお金が無いときに限って急な出費!ってことありませんか?
私は何故かよくあります。。

 

そんな時には貯金を崩せばなんとかなるとは思いますが、私は貯金を崩すのは嫌なので、貯金は定額預金でやって簡単には下せないようにしています。

 

でも、余分なお金を手元に置かないようにしている分、急な出費のときは困ります。

 

そこで、いざというときのためにローン用のカードを一枚用意してあります。

 

今は24時間365日、ATMが動いていればお金を借りることができるのでとても便利になりましたね。

 

もし今持っていなくても、契約当日に振り込んでもらえるカードローンも多いので、もし明日お金が必要でもあきらめず申し込んでみたらいいと思います。

 

そんな即日融資可能なカードローン、キャッシングサービスを少し紹介します。

 

プロミス

  • ネットで申込から契約まで可能だから窓口に行く必要ありません。
  • はじめての利用なら、メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息サービスがあります。
  • パソコンからの申込みなら、自動審査(9:00〜20:00)で契約可能額を即回答されます。

お金が無いとき、どうする?

買えば儲かるかもしれないと考えたがお金が無い

オークションの転売でお金を稼ごうと思った時があります。カードゲームであれば、いいカードだけを安く仕入れて高く売れば儲けが期待できます。ただその商品を買うお金が無く、買いたいのにに買えなくて困ったこともあります。

 

本当に買って儲かる物には出し惜しみをしないタイプですが、その日ばかりはお金が無くて諦めるしか無かったですね。

 

クレジットカードを使って購入することも考えましたが、以前に使い過ぎで結構貯金を崩してしまったことがあったので使えませんでした。またクレジットの支払い地獄が始まってしまうと、まともな生活が送れないと思ったからです。

 

売ればそれ以上にお金を手に入れることができるのは確かですが、仕入れに必要なお金が無ければ諦めた方がいいと考えて決断したまでです。売れば数千円位の儲けは期待できたと思いますが、足りないのでは仕方ないですね。

 

他にも欲しい家電があったのにお金が足りなくて諦めたことや、探していた物が見つかったのに高額すぎて手が出せなかったことは沢山あります。

 

欲しい物は確実に手に入れることを考えますが、足りない時は諦めることが多いです。

 

お金を借りるときってどんな時か考えてみる

借りなければならない場合ってどこからどんな時か…いろいろ考えてみました。

 

まずは銀行。銀行からお金を借りるといえば、家や高級車など通常一括では払えない、大きなものを買うときですね。いづれそんな日がくるのかもしれませんが、そのときはきっと利用することになるのでしょうね。

 

次は金融会社。借りる場合はどんなときかと考えると、次の給料日までの間に払い込まなければならないものがあるときのつなぎ的な感じでしょうか。小額融資に甘えていつの間にか利子の返済に終われる羽目に…なんてことにならないように計画的な利用をしないいけませんね。

 

あとは親兄弟親戚などの親族から借りることでしょうか。生活面においても、真っ先に相談する相手ですから、お金のことでも相談するかも知れませんね。もちろん生活費だけで、贅沢品なんてありえません。

 

ただ、恥ずかしい話ですし、お金持ちの親類もいないですし、お金を借りる状況に陥ったらカードローンを利用するかも知れませんね(^^;)